学資保険のポイント!

学資保険の資料請求はこちらから・・・『フコク生命資料請求サイト』

住宅資金、老後資金と並び、教育資金は人生の三大資金といわれています。

具体的に教育資金はいくらくらい必要なのか・・・というと、高校までは公立か私立かで大幅に変わり、大学になると公立か私立かだけでなく、文系か理系かでも必要になる額が変わってきます。

公立 私立
幼稚園 3年間 約63万円 約149万円
小学校 6年間 約192万円 約922万円
中学校 3年間 約144万円 約402万円
高等学校 3年間 約123万円 約297万円
合計 約523万円 約1770万円

出典:文部科学省「子供の学習費調査」/平成26年度

  国公立 私立(文系) 私立(理系)
入学金 約81.9万円 約106.7万円 約106.0万円
1年間 約93.9万円 約142.2万円 約178.0万円
入学+4年間 約457.5万円 約675.5万円 約818.0万円

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」/平成27年度

全て公立に通ったとしても総額約980.5万円。
全て私立でなおかつ大学は理系に進んだ場合は総額約2588万円にもなります。
どちらにしても一朝一夕には用意できない額ですから、しっかりと計画的に準備しておかなければなりません。

学資保険を考える時には、準備できる金額はもちろんですが、受取のタイミングも重要です。
特に推薦入学の場合は入学金の支払いのタイミングが通常のスケジュールよりも早いことなどがありますので、現金が必要なタイミングでしっかり受取ができるかどうかというのも、検討のポイントになります。

関連記事

  1. 個人年金保険のポイント!

  2. 外貨建て保険のポイント!

  3. シニア保険のポイント!

  4. 収入保障保険のポイント!

  5. 生命保険のポイント!

  6. 緩和型保険のポイント!

  7. 法人保険のポイント!

  8. 医療保険のポイント!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高額になりがちながん治療費や、通院・療養中の収入減に備える

一生涯の死亡保障や、老後の資金・教育費、使い道いろいろ!

心配な病気やまさかのケガにムリなく備えられる保障があります

↑比較検討をご希望の方におすすめ↑

↑新規契約も見直し相談もまずはこちらから↑

↑住宅ローンの見直しを検討中の方はこちら↑