がん保険のポイント!

がん保険の資料請求はこちらから・・・『がん保険ポータルサイト』

他の病気、けがの保障は省き、がんの治療に対する保障に特化した保険です。

がんの治療に関しては医療技術の進歩により“治る病気”になりつつあり、それと同時に治療のスタイルも大幅に変わってきています。

以前だと入院が長引くイメージがあり、それに合わせて入院日数無制限の商品が主流で人気もありましたが、現在の入院日数は他の病気と比べても特段長い・・・というわけでもなくなってきています。

主な傷病 総数 男性 女性
全体 31.9 29.8 33.9
結核 58.7 61.4 54.5
ウィルス肝炎 16.3 13.6 19.2
胃の悪性新生物 19.3 17.8 23.2
結腸及び直腸の悪性新生物 18.0 17.1 19.2
肝及び肝内胆管の悪性新生物 18.8 18.9 18.8
気管、気管支及び肺の悪性新生物 20.9 19.0 25.2
糖尿病 35.5 27.5 45.4
血管性及び詳細不明の認知症 376.5 290.4 439.7
統合失調症 546.1 630.5 473.8
気分(感情)障害 113.4 113.6 113.3
アルツハイマー病 266.3 210.5 300.8
高血圧性疾患 60.5 29.4 80.5
心疾患 20.3 13.8 30.1
脳血管疾患 89.5 70.0 112.3
肝疾患 25.8 23.7 28.5
骨折 37.9 28.9 43.4

出典:厚生労働省「患者調査」/平成26年

上記表の通り、入院日数はむしろ短い部類になっています。
では、それだけ完治まで早いのか・・・というと、実はそういったことでもなく、この表からは読み取れない“入院以外の治療”というものの比重が増えてきているようです。

その為、がん保険を選ぶときのポイントは、入院時の保障・・・というより、様々な治療法に合わせて柔軟に使うことができる保障になっているか、というのが検討のポイントになります。

関連記事

  1. 女性保険のポイント!

  2. 学資保険のポイント!

  3. 収入保障保険のポイント!

  4. 個人年金保険のポイント!

  5. 法人保険のポイント!

  6. シニア保険のポイント!

  7. 緩和型保険のポイント!

  8. 医療保険のポイント!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高額になりがちながん治療費や、通院・療養中の収入減に備える

一生涯の死亡保障や、老後の資金・教育費、使い道いろいろ!

心配な病気やまさかのケガにムリなく備えられる保障があります

↑比較検討をご希望の方におすすめ↑

↑新規契約も見直し相談もまずはこちらから↑

↑住宅ローンの見直しを検討中の方はこちら↑