法人保険のポイント!

法人保険は決まった保険種類があるわけではなく、契約形態が『契約者:法人、被保険者:経営者や従業員』になっている保険の事を指します。

目的によって法人保険として加入する保険は様々です。
定期保険、終身保険、養老保険、医療保険、がん保険・・・。自分が何に備えたいのか、という所を明確にして検討をすることが必要になってきます。

法人保険で準備できる内容を大まかにあげると、下記の6つになります。

①法人税の節税
②経営者に万が一の事があった時の為の資金対策
③退職金の積み立て
④緊急予備資金の準備
⑤事業承継対策
⑥従業員の為の福利厚生

個人で保険に加入する時は、医療費の不安なら医療保険、死亡時の不安なら生命保険・・・と検討すべき保険種類は比較的分かりやすいですが、法人保険となると目的の為にどの保険種類を準備したらいいのか・・・というのはいまひとつ分かりづらいものです。

また、希望にあう商品を探すことが出来たとしても、その保険の効果を最大限ひきだすためにどのように使うべきなのか・・・というのもしっかり理解しておくことが必要ですが、これも自分一人で行おうとするとなかなか厄介です。
何年後にはこうなるからその時にはこう使う、その前に想定外のことが起こった場合は緊急対応としてこのように活用する・・・法人保険を活用する場合はいろいろな視点に立って考えることが不可欠だからです。

その為、法人保険のポイントとしては下記の2点が非常に大切になります。

・ある程度は自分自身の知識を高めておく
・ライフコンサルタントにきちんと相談し、提案を受ける

どちらも個人で保険を契約する時にも大切な部分ですが、法人保険ではその重要度は段違いに高くなります。
動く金額が大きくなりますので、万が一にも間違いが起きないよう、慎重に比較検討しましょう。

関連記事

  1. 女性保険のポイント!

  2. 個人年金保険のポイント!

  3. 緩和型保険のポイント!

  4. 収入保障保険のポイント!

  5. 医療保険のポイント!

  6. 生命保険のポイント!

  7. 学資保険のポイント!

  8. 外貨建て保険のポイント!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高額になりがちながん治療費や、通院・療養中の収入減に備える

一生涯の死亡保障や、老後の資金・教育費、使い道いろいろ!

心配な病気やまさかのケガにムリなく備えられる保障があります

↑比較検討をご希望の方におすすめ↑

↑新規契約も見直し相談もまずはこちらから↑

↑住宅ローンの見直しを検討中の方はこちら↑